自作で省エネルギーだ

私の縮減手は、何と言っても自家製に限ります。

無論私の苦労はかかりますけど、こども陣も手作りの物を喜んでくれるので一石二鳥です。

縮減のきっかけになったのは、長女の料理アレルギーだ。

今は昔と違って、代わり見込める品もたくさんあるけど、どれも上げです。

バストと小麦と大豆がダメダメので、外食をとめるポイントめた縮減になりますが、代わりと変わるアーモンド乳房やライス乳房、USA粉などは割高なんです。

なので、こども陣のオヤツや献立はみんな自家製で、総菜やレトルトはつぎ込みません。

身が縫い物や編み物が嗜好なので、簡単なワンピースやセーターは自家製します。

私の苦労を抜けば、毛糸や布お代しかかからないし、好きな様に作って言える世界で内しか弱い品だ。

その外の縮減だと一般的だとは思いますが、電気をコマメに無くすポイントや、持ち家くずはしっかり圧縮して包みお代を切り捨てます。

水ものもお湯で沸かすたぐいの、麦茶やルイボスティーだ。

おUSAは一度炊いたら分割にして冷凍したり、野菜も色々なランクを茹でて冷凍しておけば、アッという間に調理出来るから時間も縮減出来ます。

プロパンガスなので、節約しないといつの間にか高額になるので、煮込みクッキングには攻撃鍋が大活躍だ。