時々料理に手を抜いたほうが食費は安くなる

家計費の中でも特にお金がかかる食費は、どんなに節約料理を作っても家族の人数分のおかずを作りご飯を炊いて副菜もつけるとそれほど安い金額で料理を作ることは難しく、なんだかんだと言って一ヵ月の生活費の中で食費が占める割合はとても大きいため、まとめ買いをしたり買い物の回数を減らしたりして食費の節約を試してみましたがなかなか思うように食費を減らすことはできず、主人や子供が大好きなので時々夕食にレトルト食品を出したりカップラーメン、冷凍のパスタやチャーハンを出すようにしたら自分では全く節約しているつもりはなかったのに使っている食費が減っていました。

子供の頃に夕食で外食をしたり宅配などを頼むことがなかった家だったので、お昼ごはんではありましたが夕食にレトルトのカレーや冷凍のパスタなどを食べたことがなく、食べないものだと思っていたので疲れて帰った日や帰りが遅くなってしまった日に冷凍食品やレトルト品を夕食に出したら意外なほど家族から大好評だったので、それ以降、忙しい日や疲れている日は無理に食事を作ることはやめてレトルトや冷凍食品に頼ることにしましたが、今のレトルトや冷凍食品は安くても美味しいものが多いので、時間をかけて料理を作るよりも割安で自分は楽しながら食費を減らすことができたので頻繁には行いませんが、自分が一から作る料理よりも買ってきた物を出す方が食費は安くなることがわかり時々ですが節約のためと言いながら家事を楽することにしています。

自分も楽できて食費の節約にもなるのでまさに一石二鳥の節約法になっています。

食費、電気代、ガス代の節約方法

私の場合は派遣に登録して働いている上に、特に資格等もあるわけではないので同世代の人と比較して収入は少なめです。ですが派遣ならきっちり休みが取れるし、人間関係もさほど気にする必要がないので性に合っていると思います。

それに収入が少ないのなら支出を減らせばいいとばかりに節約に励んでいます。ちまちま節約するのも私の性格では苦にならないので下手したら実益を兼ねた趣味といった感じです。

節約をする際に最初に手をつけたのは食費で職場にはお弁当と水筒持参、朝と夜も自炊と外食はほとんどしません。そして食材は休みの日にスーパーで週に1度まとめ買いをします。炊飯器も節約の為に購入せずに蓋付のフライパンでご飯を炊くし、煮物もするし、当然焼くのも揚げるのもフライパンです。ご飯を炊く時は2合炊いてあとは冷凍保存をしています。だから食べる際にレンジでチンすればすぐに食べれます。

飲み物はガス代節約の為に夏でも冬でも水出しの麦茶です。1?の水に1袋の麦茶を入れるだけでOKなのでとっても簡単。50袋入りで業務スーパーで148円程で売っていますのでお値段とってもリーズナブルです。それを水筒にも詰めていきます。

あと電気代節約の為に私の家にはエアコンはありません。エアコンを購入し設置するお金も削減で夏はかなり暑いですが我慢できないほどではありません。