一人で買い物に行くこと

食料品の買い物は一人で行っています。職場がスーパーなので仕事帰りに買い物しているのです。通勤も徒歩なのでたくさんの量は買えませんが袋2つ分ぐらいは買えます。
これがもし子供達や主人と行ったとしたならば余計なものを買うことになるような気がします。お菓子だったり他に食べたいものだったりとそれが毎回ともなると結構な出費になるような感じがします。
一人で買い物しているとプライベートブランドのものを中心に買ったりと自分になりに考えて行動できるような気がします。だからといって毎回それを意識しすぎるのも良くないと思っています。
たまには息抜きも必要なので無駄使いみたいな感じになることもあります。ですが次は節約しようという気持ちが強くなります。

本当は買い物するときに欲しいものだけを買うようにメモしておけば完璧だと思いますが、そこまでの時間がないので何となく覚えているようにしています。
昔から節約が趣味だったので、そのために毎回家計簿をつけています。これをつけていなければきっと大変なことになるような気がします。
いつも末に締めていますがその時に今月は使いすぎたので来月は頑張ろうという気持ちになったりすることがあります。これからも無理なく続けていきたいです。

私が節約のためにしている買い物術。

私は買い物にかかる一ヶ月のお金を一週間ごとに分けて使うようにしています。食費や日用品にかかる毎月の費用はだいたい同じような金額になります。なので一週間こどに分けた金額の中で買うものを決めて余分な物を買わなくて良いように努力しています。

お酒やお米、日用品などのストックが出来るものは月の始まりに1ヶ月で必要な分を先に買っておきます。

何度も行って余分なものを買わないようにするためです。そして食材の買い物は、基本週に一度まとめて買います。買い物に行く前に一週間の献立をたててから行きます。何も考えずにスーパーに行ってから献立を決めると栄養が偏ってしまったり余分な材料を買ってしまうことがあるのでそれらを防ぐためです。

献立を決めるときは栄養を考え、なるべく安い材料でお腹いっぱいになるものを考えています。

スーパーでは、同じお肉でも小さなパックと大きなパックでグラムの値段が変わってきたりするので、お得な大きなパックを買ってきて何回分に小分けして冷凍保存しています。安くて家計に大助かりな『もやし』は水を入れたビニール袋に移して冷蔵保存するだけで一週間持ちます。もやしは腐りやすいので買いだめ出来ずに買うのを迷ったりします。でもこれだけで材料費は浮きます。

炊いたお米は保温しておくより炊けたらスイッチを切って温める方がお得だったりします。

小さなことから節約をしています。

そして一週間であまったお金は集めて少ないながら貯金に回しています。