節減について(水道光熱費の節減)

水道光熱費の削減は毎日の貯金で結果が出ます。
蛇口をひねること、水を些かしか出さないで戦法を洗ったり食器を洗ったり行なう。
おバスのお湯を蓄えるときも蛇口の件時間は増えるけど水を微少ずつ出して貯めるほうが
多量に水を出して溜めるよりも水道価格がかかりません。
繰り出す水の容積が短くこまめに扱うより、多量に水を押し出すほうが水道価格が増えることを知っておくと、扱う容積を気を付けることができ各回削減をする事ができます。
私も気を付けるようになって水道価格が格段に減りました。
電気代の削減はベース、電気を使わなければ電気代はかかりません。
常識だけど、とどのつまり必要な局面以上使わないことが電気代削減の幕開けだ。
家で自分一人の時は少々暗くても電気をつけないときもあります。
次例えば、扱う広場以外の電気はみんななくす、必要のない電気スタンドは無くす(むしろ欠ける)などだ。
電気機器のやり方をこまめに変えていくのも電気代削減につながります。
テレビは明るさ体積を下げたほうが電気代がかからないので、困らない傍に下げています。
掃除機をかけること、電源を入れたり切ったりすると高熱が無駄に鳴るので電源を入れたら全部の広場をまとめてかけてしまう。
室温も同じで電源を切って短時間でまた電源を取り入れると電気代がかかってしまいます。
前はこまめに切ったほうが電気代の削減になると願い可愛らしくやっていました。
室温で電力が手広く鳴るのは電源を入れた10食い分前後なので、前回電源を入れたり切ったりすると節電どころか無駄遣いになると知って損害でした。
今では室温の電源を切ったら長時間はつけないようにしています。
先、コンセントは扱うこと以外はみんなはずしています。
コンセントを差したままだと微弱だけど電気をくらうようです。
気体価格の削減では、両人家計なのでおバスよりもシャワーの実施を手広くして削減をしています。1者、2者くらいだとお風呂に入るよりシャワーのほうが気体、水道価格がかかりません。
お風呂に入るときは蓋をして追い炊きを無駄にしなくていいようにしています。
食品で扱う火もやたらと強火にしないようにしています。
多分このくらいの削減だけど、やり始める前よりは総ての水道光熱費が減ったので威力が
あると考えています。

節約と貯金は同時進行です

入るお金が決まっていれば、節約して出るお金を減らすことで、自然と貯金ができてきます。それにはまず、家計簿を作ります。光熱費、食費、その他など最初は簡単でかまわないので、使うお金を決めてそれぞれの項目で予算を立てます。それができたら、節約生活スタートです。いつも心がけることは一つです。

お金を使うとき、それが本当に必要かどうかを一呼吸置いて自分に確認します。そして考えます。手元にある他のもので代用できないか、また今あるものを手直ししてこれに代わる新しいものをつくることはできないかと。こうやって考えることを楽しんで欲しいと思います。電気代を節約するにはどんな生活をすればよいか、夜遅くまで起きていると明かりが必要なため電気を使うので、今日は早めに寝てみよう。早寝早起きは体にもよいことです。車は維持費がかかるため使わないようにする方法を考えます。

歩く、自転車などを利用する。これはよい運動になります。頭を使ってとにかく考えるという作業を続け、習慣にし、節約生活が当たり前のものになることが重要だと思います。節約はとてもメリットが大きいです。健康的に生活でき、お金も貯まるからです。

時間的に余裕のない人はどうしてもお金で時間や物を買うことになりますが、何か小さなことでも一つだけ節約を決めて実行するだけで、生活が変わってくるのではないでしょうか。思考の習慣を変えることが一番の節約になり貯金につながると思っています。

ゆるく長く

結婚して3年目、今の目標はマイホームを手に入れること!

色々と本やテレビなどで節約・貯金の方法を勉強しています。

ですが、いろんな情報が今はたくさんあって迷ってばかり…。こんなんじゃいけないな、と落ち込むこともあります。

特に特にこのままではいけない!と焦らされるのは主婦向け雑誌です。

家族4人で食費1万5000円なんて家庭も載っていたり…。

一体何を食べているの?と思ったりも。

まず我が家で食費1万5000円は無理です。

マネできるなと思うところだけ節約の仕方・貯金の仕方を学びましょう。

きついことは人間そう続けられません。

節約・貯金は長い目で見ることが大事だと思います。

我が家でやっている方法は、「意識せず貯める」こと。

毎月のお給料から最初に貯蓄用の口座に決まった額だけ入金しておくことです。

職場によってはお給料から天引きでやってくれるところもあるので便利です。

そして貯蓄用の口座からは引き出さないこと。これが絶対です。

もう一つは古典的ですが「500円玉貯金」です。

財布に500円玉があると貯金箱にイン。

昨年は1年で4万円ほど貯まりました。この4万円も貯蓄用口座に預けました。

1年500円玉を貯めて、年末年始のなにかと物入りな時期用として使うのもありかもしれませんね。

ゆる~く長く続けられる方法を見つけましょう!