節約は目的を持って楽しみながら

節約は適当なところで止めておいた方がいいです。あまりにも節約をムキになってやり過ぎてしまうと人生楽しくなくなります。わたしは一時期節約のやり過ぎで、「人生って楽しくないものだ…」と、人生を悲観的にとらえてしまう癖がついた頃があります。その頃は何をしてもお金のことばかり頭に浮かんでしまい、楽しめるはずの場所でも楽しめませんでした。

そうなるとやはり生きていてもそんなに楽しくないというか、お金のことが始終頭から離れなくて、自分で自分を閉じ込めてしまって解放感が全然味わえませんでした。そんな風に過ごしていると、毎月コンスタントにお金が貯まっていっても喜べないというか…「なんとなく義務感で節約して義務感でお金を貯めている」という感じになっていました。

そんな時にちょっとしたことから将来の目標を決めることができて、それに向かってお金を貯めることを決めて、そしてなんとなく節約が楽しく思えてきたのです。節約してお金を貯めることについて、何も目標も目的もなかった頃とは明らかに違いました。

それからは外食を減らすことでかなり積極的に節約をしましたが、これが結構楽しく出来ました。家で食事を作って食べる楽しさがわかったからです。