途中で使えないような工夫で貯蓄を!

節約や貯蓄といえばお金を貯めるのが目的です。そのためにはせっせと稼ぐのが一番手っ取り早いと思います。しかし子育てや病気など様々な理由で働けない場合、日常の小さなところで工夫をして貯蓄をすることになります。

よくあるのが100円玉や500円玉貯金です。買い物などでお釣りをもらったら貯金箱に入れることを繰り返し、いっぱいになるのを楽しみに暮らす方法です。それでも途中で出費があり仕方なくせっかくためておいた硬貨たちを出してしまう人がいます。私の場合は途中で使いたくても使えないように缶の貯金箱を使って500円玉を貯めています。今まで貯めた最高額は6年半で32万円でした。その後は小さい缶で10万円近くなどとちょこちょこ貯めてきました。すべて旅行用が目的です。

最近は定期積み立てを始めました。それも5年ものです。月に一万円ですが、今年は何かと財政が厳しいため五千円にしようかとも思いました。しかし金融機関窓口のお姉さんに、払えなくなったら解約できるからと言われて契約してしまいました。今までも頑張って一万円で積立をしてきたので、何とか頑張ってみたいと思います。口座から自動的に引かれるので、必ず毎月積み立てが行われていきます。否応なく引かれていくので、私にとっては良い方法だと思います。

せっかく貯めようと貯金を始めても、途中で使ってしまうのは悔しいものです。途中で簡単に使えないような貯め方をするのが、目標達成には有効だと思います。