小銭貯金を継続する

まとまった金額を一度に貯金に回せるといいのですが、なかなかうまくいきません。どちらかというとコツコツと継続したことの方が向いている性格なので、焦らずにできる貯金の方法を選ぶようにしています。それでも長期的にはそれなりの金額が貯まっているようにしておきたいものです。

そこでお札をが崩れて小銭になった時に、小銭の貯金をするようにしています。余裕のある時は500円硬貨を貯金箱に入れることもありますが、基本はより少ない金額を財布の整理も兼ねてやっています。この方法だと、余裕のある時にできますし、コツコツと継続的にするころができます。

貯金をすることで計画的に欲しいものを購入するための資金にしたり、さらには将来のために蓄財をすることもできます。小銭をため込むことでは、なかなか将来のためには不足することでしょう。それでも長期間継続することで、かなりの金額が貯まりますから、習慣化すれば、無理なくいつの間にか貯金ができていることになってきます。