婦人雑誌を読んで節約上手な若い主婦の方に刺激されました。

毎年12月に家計簿が使いやすく気に入っている婦人雑誌を購入します。その雑誌の記事に節約上手な何人かの主婦の方が載っていました。節約術を見て驚きが有りましたがそれ以上に節約上手な方は全部若い主婦である事にとても衝撃を受けました。

こんなに若い主婦の方がこんなに頑張って節約しているんだ。自分の温感としていたお金の使い方にとても反省させられました。若い主婦ならではの発想もありましたが日々の積み重ねが大事なことを学びました。

一番にやり易いと思えた小銭貯金です。買い物や家族の小銭を最初は50円硬貨以下を空き缶にいれ週末に貯蓄通帳に入金というやり方です。通帳は貯蓄通帳として別にもつと良いとおもいます。これが以外にも楽しい事でハマってしまい千円単位になるのも長くはかかりませんでした。

この小銭が無いからと言って生活に支障をきたすものではありません。小銭貯金が楽しみになりました。

次に買い物を週単位で買い残さず使い切るやり方です。一か月の食費を週単位に分け献立をあらあら立てて、チラシをシッカリチェックします。安い材料を購入してあらあらの献立を少しアレンジしたりで材料を使い回わします。一番参考になったのは、少しでも余った食材は必ずしまっておくことでした。今まではほんのちょっとだけだからとしょうじき捨てていた事も反省させられました。少し残っている材料も合わせる事で立派な付け合わせになったりします。最終日にはアレコレ頭をひねり全部使い切ったときの爽快感は今まで味わった事がない事でした。

赤字はしょうがないか。と今まで思って使っていたお金がとてももったいと思えます。

家族からもおかずの苦情はありません。むしろアイデア料理など出せるようになりました。

もちろん余った食費は小銭と共に通帳に入ります。

ちょっとしたあき地面があれば、家庭菜園で簡単なものをそだてます。プランターでも育てられるパセリを今育てています。食事も見た目良く一石二鳥です。

まず自分の負担にならない事から始めてそれが楽しみになれば節約成功だとおもいます。若い主婦の節約上手に刺激されて始めた事ですがまだまだ節約する所が多いと思っており一つずつ無理無くやっていきたいです。

小銭貯金を継続する

まとまった金額を一度に貯金に回せるといいのですが、なかなかうまくいきません。どちらかというとコツコツと継続したことの方が向いている性格なので、焦らずにできる貯金の方法を選ぶようにしています。それでも長期的にはそれなりの金額が貯まっているようにしておきたいものです。

そこでお札をが崩れて小銭になった時に、小銭の貯金をするようにしています。余裕のある時は500円硬貨を貯金箱に入れることもありますが、基本はより少ない金額を財布の整理も兼ねてやっています。この方法だと、余裕のある時にできますし、コツコツと継続的にするころができます。

貯金をすることで計画的に欲しいものを購入するための資金にしたり、さらには将来のために蓄財をすることもできます。小銭をため込むことでは、なかなか将来のためには不足することでしょう。それでも長期間継続することで、かなりの金額が貯まりますから、習慣化すれば、無理なくいつの間にか貯金ができていることになってきます。