固定費の見直しから始めると良いです

まず行うことは現在の支出や収入を簡単にでも良いので書き出して現状を把握することが大切です。
1ヶ月間の家計を見て何にどれだけ使っているかを知ることで無駄なものがあれば改善していくことが大切だと思います。

光熱費や食費から節約するのではなく、固定費を見直すことが良いと思います。通信費などは調べると今はいろいろお得なものがあると思います。
スマートフォンの料金に関しても格安simを使うなどしていくとかなり金額が変わってきます。保険もしっかり見直すと良いと思います。
自分では難しくて分からないときは専用の相談窓口もありますので信頼性のあるところで相談してみるのも良いと思います。車の維持費もかなりかかりますので、車を持つときはよく検討すると良いです。

毎月必ず支払うものこそ、必要経費と思わずに、しっかり意識していけるとかわってくると思います。
教育費としての習い事もあると思います。本当に必要なものをその都度しっかり選んで、無駄を省いていくことが大切です。
これで余裕が出てきたら、毎月の食費や娯楽費、交際費や光熱費など細かい物ものを見ていきます。つい自分のことになると考えが甘くなってしまうのでそこは見直していくと良いと思います。

固定費1回だけ見直す節約術

「節約」と言えばどんな事をしますか?

そう聞かれるとあなたならどんな事を思いつくでしょうか。あくまでも友人の答えですが「先取りで貯蓄して、電気をこまめに消して。なるべく自炊して、無駄遣いしないようにする」節約の本にも書いてありますし、実際私もそう思っていました。

しかし電気をこまめに消したのに、苦労した割には相変わらずだなと感じた事ありませんか。自炊でお弁当を持参しようとしたけれど、続けることが出来ず食材を捨てた経験はありませんか。私が行き着いた先は「無理して節約するとリバンドして散財する」ということです。つまりは自分自身にとって苦痛な節約は続かないし逆効果という事です。

そんな私がオススメしたい節約法は「固定費を見直す」ことです。

まず大手キャリアで契約していたスマートフォンを格安SIMで運用する事にしました。大手キャリアの解約は不安もありましたが実行した所、月々6000円近く下がりました。一回見直すだけで契約は継続されていきますから年間で訳72000円差がでました。

次に生命保険を一部解約し、掛け捨てタイプの共済医療保険と組み合わせることで月々の支払いを抑えることができました。

固定費の見直しは手間がかかりますが最大のメリットは行動するのは1回だけでいい事。その後はなにもしなくても節約が継続されていき気がつけは貯まっているという状況を作れます。その他にも節約方法は幾つかありますが合わせて使うことにより効果が上がりやすくなります。

固定費から浮いた額を先取りの貯蓄額に当て、私は毎月貯金できるようになりました。
無理のないやり方を見つけるのがコツだと私は思っていますので是非固定費の見直しを検討してみてください。