主婦になって節約と貯蓄をし始めた

毎日のお買い物は自転車で1円でも安いスーパーへ行きます。

カード払いできるところはポイントを貯める為に全てカード払いにします。

ギフトカードが使える所は金券ショップで購入したギフトカードで払います。

夕飯のメニューはその日の特売商品をメインに決めます。

朝食のパンはホームベーカリーで焼きます。

手作りの方が安い場合は頑張って手作りします。

お掃除に関しては洗剤は買わずに重曹とクエン酸を常に常備しておきます。

油汚れ、トイレ掃除、洗濯層の掃除などあらゆる所をこの2種類で掃除します。

手間暇を惜しまなければ節約はできると思います。

貯蓄は使ってしまわないように給料天引きにします。少しでも余裕があれば積み立てもします。ボーナス後は必ずまとまった金額を定期貯金します。すぐに引き出せないようにして、今あるお金でなるべくやりくりするように心がけます。

積み立てや定期も近くにある金融機関の中で1番利率が良いものを選びます。

節約も貯蓄もなるべく楽しみながらするように心がけています。

ガムシャラにしてしまうと追い詰められたり、しんどくなってしまうので少し余裕がある気持ちで頑張る事が大事だと思います。

そして継続する事が1番重要なだと思います。

やりくり下手の主婦の貯蓄法

結婚して20年以上になります。私は結婚当初からずっと専業主婦をしてきました。主婦の仕事の中で一番大切なことは夫の給料をやりくりすることだと思います。苦労して稼いでくれた大事なお金を無駄にすることはできません。しかし不器用な私は結婚して約2年間はやりくりの仕方がわからず、貯蓄ができないどころか毎月赤字続きでした。

ところが子どもができてからは「このままではダメだ」と自分に言い聞かせ、毎月確実に貯蓄していこうと決意しました。そう決めてからおよそ18年、今ではある程度の貯蓄ができています。子どもの進学費用も貯蓄で足りるようです。このように貯められたのは保険に加入していたからだと思います。

ここで言う保険とは学資保険や養老保険のことです。私はこれらの保険に加入して、毎月決まった金額を支払ってきました。どちらも満期があって途中で解約すると損することになります。そのため、月の支払いが大変なときもありましたが、満期まではとにかく頑張ろうと思って払ってきました。そしてその甲斐あって満期にはまとまったお金を手にすることができました。

特に学資保険はおすすめです。子供の教育費はかなりかかるので、その金額をすぐに貯めようとしても簡単には貯まりません。そのため子どもが生まれたら早めに学資保険に加入しておくと助かります。うちの家庭では、あと数年で夫が退職になりますが、今は老後のための貯蓄を頑張っています。