貯めた経費の指揮について

毎月のお給与から少しずづ貯めた原資や、日々の省エネで頑張って貯めた原資。定型蓄財にそのままにしているという手法って大層いるのではないのでしょうか?自身もせっせと定型蓄財に原資を貯めて増えていく残金を見て満足していたのですが…ある日銀行のメインへ行ったときの事柄、メインの人から「定型蓄財の財布にそのまま入れておくのはもったいないですよ。」と言われて感動が落ちました。
それまでわたしは、貯めた原資は取り扱うタイミングがきたら使おうと思っているだけで、扱うシーズンが現れるまでなぜおこうなんて考えたこともありませんでした。定期蓄財に入れても定型蓄財の利回りと大して変わりはしないし、株や取り引き信託などでリソース操作を決めるという思い切った動きもとれないし、定型蓄財で扱う日が加わるまでひたすら貯め続ければいいと思っていたのです。
メインの人物に求められたのは保険への加盟でした。へそくり補填クラスの保険に入ると5世代以後10世代後にはへそくりより多い売値のお金が帰るというものです。その保険は生命保険だったり年金保険だったり決めるが、保険に入って自分の預金プライスを繰り返すですなんて発想が無かったわたしにはほんとにショックでした。わたしが無知すぎるというのもありますが…。今どき定型蓄財に対する金利は0.02パーセント程、保険に入ると0.6パーセントの金利も可能だと聞きました。貯めた原資を保険に加入して運用するというのも一案です。