小まめに減額をして蓄えにつなげて行きましょう

わたしは絶えず引き下げを心掛けている。電気代、水道勘定辺り、光熱費は活かし過ぎない様にしたり、小まめに切ったりしています。そのせいか、つい所帯にも口うるさく言ってしまう。
夏は暑い結果、室温(空調)を扱うので3席可動やる事が手広く、電気代が倍増してしまう。
去年は家の中で犬を飼っていた結果、リビングの室温は昼誰も居ないのに付けて外出していましたが、亡くなってしまったので、今年の昼間は室温を擦り込みなくても良くなりました。室温は熱中症に気を付けながら、上手に使用しています。
7月に入った時から、わたしがお風呂に入るのが不愉快になり、シャワー浴になりました。今迄はわたしがおバスのお湯を入れていましたが、混じるヒューマンが自分で押し込める様にしたら、強制したわけでは無いのですが、家中がシャワー浴になってしまいました。
シャワーも最初のうちは水で冷たくて長くカラダに張り付ける事は出来ません。そこで刺々しい水をバケツに取って置き、庭園のプランターに咲いている花や野菜、木にじょうろに移して与えている。
こういった事も電気代や水道勘定の引き下げになっていると思います。少しの事も積み重なれば大きな引き下げになると信じています。
貯金の不可欠も感じています。近頃TVや新聞紙を見ていて気になっているのは年金の事で、年金だけでは生活をして行けないので、貯金が必要だとか言われています。
無論、引き下げを講じるというのは要ですが、それと共に責任の弱い物は買わない様にして、健康に注意し、頑張れる完売任務を続けていきたいと思います。
てこようという。