固定費の見直しから始めると良いです

まず行うことは現在の支出や収入を簡単にでも良いので書き出して現状を把握することが大切です。
1ヶ月間の家計を見て何にどれだけ使っているかを知ることで無駄なものがあれば改善していくことが大切だと思います。

光熱費や食費から節約するのではなく、固定費を見直すことが良いと思います。通信費などは調べると今はいろいろお得なものがあると思います。
スマートフォンの料金に関しても格安simを使うなどしていくとかなり金額が変わってきます。保険もしっかり見直すと良いと思います。
自分では難しくて分からないときは専用の相談窓口もありますので信頼性のあるところで相談してみるのも良いと思います。車の維持費もかなりかかりますので、車を持つときはよく検討すると良いです。

毎月必ず支払うものこそ、必要経費と思わずに、しっかり意識していけるとかわってくると思います。
教育費としての習い事もあると思います。本当に必要なものをその都度しっかり選んで、無駄を省いていくことが大切です。
これで余裕が出てきたら、毎月の食費や娯楽費、交際費や光熱費など細かい物ものを見ていきます。つい自分のことになると考えが甘くなってしまうのでそこは見直していくと良いと思います。

家の状況もキャッシングの審査に影響が・・・

レディースキャッシングを考える

キャッシングの審査では、どういう家に現在身を置いているか?ということも実は厳しく審査されています。
家について審査基準が設けられるというのは、当然家によって信用度合いが変化するからでしょう。

例えば、1番信用してもらえるのは持ち家です。
家族などがいる場合には、持ち家に住んでいるケースも多くあると思いますけど、
そういった家に住んでいる人の場合は審査でも1番有利になると思います。

賃貸でもそこまで不利になることはないです。

持ち家の方が望ましいというのはありますが、賃貸でもキャッシングでお金を借りられている人はたくさんいますから、
あまり関係ないレベルだと思います。

ただし、寮住まいの人の場合は、やや審査が厳しくなる可能性があります。
働いている人でも、自分の家、または借りている家ではなく、寮に住んでいるという方も珍しくないかもしれませんが、
寮に住んでいる場合には、そこは注目されてしまうでしょう。

住所は一応あるのですが、寮住まいというのは、
単純にお金に困っているからこそ寮に住んでいるという見方をされる可能性もあり、
返済に困るのでは?と、信用が得られないことがまず考えられます。

また、持ち家と比べても容易に夜逃げなどがしやすいため、貸す方としてもリスクがあると思うのです。

家族を持って、持ち家に住んでいるというのは、上記の不安要素がやはり少ないですから、
居住の状況によっても審査の有利、不利というのは割と大きく変わってくるのです。