固定費の見直しから始めると良いです

まず行うことは現在の支出や収入を簡単にでも良いので書き出して現状を把握することが大切です。
1ヶ月間の家計を見て何にどれだけ使っているかを知ることで無駄なものがあれば改善していくことが大切だと思います。

光熱費や食費から節約するのではなく、固定費を見直すことが良いと思います。通信費などは調べると今はいろいろお得なものがあると思います。
スマートフォンの料金に関しても格安simを使うなどしていくとかなり金額が変わってきます。保険もしっかり見直すと良いと思います。
自分では難しくて分からないときは専用の相談窓口もありますので信頼性のあるところで相談してみるのも良いと思います。車の維持費もかなりかかりますので、車を持つときはよく検討すると良いです。

毎月必ず支払うものこそ、必要経費と思わずに、しっかり意識していけるとかわってくると思います。
教育費としての習い事もあると思います。本当に必要なものをその都度しっかり選んで、無駄を省いていくことが大切です。
これで余裕が出てきたら、毎月の食費や娯楽費、交際費や光熱費など細かい物ものを見ていきます。つい自分のことになると考えが甘くなってしまうのでそこは見直していくと良いと思います。

全日空マイルで格安な国内旅行をする

サラリーマンで海外出張がある方で東京近郊に住んでいる国内旅行が好きな方なら、かなりの確率で使えるお得技です。
出張では航空会社を選べる場合は極力全日空ANAを選択します。なぜなら、ANAのマイルはローコストキャリアLCCのバニラエアーでも特典航空券が予約できるからです。

バニラエアーは、成田空港をハブとして、千歳、函館、大阪、奄美大島、那覇、台北、高雄、香港およびセブに就航しています。

特に成田から沖縄を除く国内の就航地まで片道5,000マイルで行けてしまいます。沖縄は6,000マイルで行けてしまいます。
さらに、燃料サーチャージ込みですので、かなりお得です。予約もネットで完結しますので、手間もかかりません。

海外出張で羽田や成田からバンコク、シンガポールまたはジャカルタなどの東南アジア諸国に行く方は、1回の海外出張で少なくともバニラエアーの国内線片道分の特典航空券が入手可能になります。

アメリカ西海岸であれば、目的地によっては、1回の海外出張でバニラエアーの往復の特典航空券が入手可能になります。

海外出張に行ってもあまりマイルの残高が溜まらず失効させているのであれば、是非、バニラエアーの特典航空券でマイルわ使ってみて下さい。