私が節約のためにしている買い物術。

私は買い物にかかる一ヶ月のお金を一週間ごとに分けて使うようにしています。食費や日用品にかかる毎月の費用はだいたい同じような金額になります。なので一週間こどに分けた金額の中で買うものを決めて余分な物を買わなくて良いように努力しています。

お酒やお米、日用品などのストックが出来るものは月の始まりに1ヶ月で必要な分を先に買っておきます。

何度も行って余分なものを買わないようにするためです。そして食材の買い物は、基本週に一度まとめて買います。買い物に行く前に一週間の献立をたててから行きます。何も考えずにスーパーに行ってから献立を決めると栄養が偏ってしまったり余分な材料を買ってしまうことがあるのでそれらを防ぐためです。

献立を決めるときは栄養を考え、なるべく安い材料でお腹いっぱいになるものを考えています。

スーパーでは、同じお肉でも小さなパックと大きなパックでグラムの値段が変わってきたりするので、お得な大きなパックを買ってきて何回分に小分けして冷凍保存しています。安くて家計に大助かりな『もやし』は水を入れたビニール袋に移して冷蔵保存するだけで一週間持ちます。もやしは腐りやすいので買いだめ出来ずに買うのを迷ったりします。でもこれだけで材料費は浮きます。

炊いたお米は保温しておくより炊けたらスイッチを切って温める方がお得だったりします。

小さなことから節約をしています。

そして一週間であまったお金は集めて少ないながら貯金に回しています。

激安アルティメットで節電!

日々の食費って何もかも買うと次々お金を使ってしまうよね。こちらが初めて初めにしたことは、伺える範囲の激安デパートを探す実態。母支援などから説をもらいました。乳幼児が掛かる方なら養育ケア中葉の女性や人手などからいい説がもらえると思います。
激安デパートって何となく激安と謳っているからには他のデパートよりも特価で売ることが多いです。例えば毎朝呑むインスタントカップスープ(10鞄入り)なんかは、普通の所だと300円上記することが多いけれど、激安デパートだと230円ぐらいで売っていたりして感激した覚えがあります。
あとはお肉はお得なルートを買って、自分で小さくカットして冷凍しておくと安く抑えることができます。ファブリックは第三国産だと短いことが多いけれど、うちは低い乳児がいてなるべく国産のものを食べさせたいのでそこは結構お金をかけていらっしゃる。
いきなりおウォーキングに出てコンビニエンスストアに立ち寄ると思わず余計なものを買って仕舞うけれど、そこはより辛抱。コンビニエンスストアってとにかく高いです。時おり出費を押さえ付けるだけでも随分違う。日帰り三食の食費をかしこく抑えて無理なく面白く節約したいですね。