主婦になって節約と貯蓄をし始めた

毎日のお買い物は自転車で1円でも安いスーパーへ行きます。

カード払いできるところはポイントを貯める為に全てカード払いにします。

ギフトカードが使える所は金券ショップで購入したギフトカードで払います。

夕飯のメニューはその日の特売商品をメインに決めます。

朝食のパンはホームベーカリーで焼きます。

手作りの方が安い場合は頑張って手作りします。

お掃除に関しては洗剤は買わずに重曹とクエン酸を常に常備しておきます。

油汚れ、トイレ掃除、洗濯層の掃除などあらゆる所をこの2種類で掃除します。

手間暇を惜しまなければ節約はできると思います。

貯蓄は使ってしまわないように給料天引きにします。少しでも余裕があれば積み立てもします。ボーナス後は必ずまとまった金額を定期貯金します。すぐに引き出せないようにして、今あるお金でなるべくやりくりするように心がけます。

積み立てや定期も近くにある金融機関の中で1番利率が良いものを選びます。

節約も貯蓄もなるべく楽しみながらするように心がけています。

ガムシャラにしてしまうと追い詰められたり、しんどくなってしまうので少し余裕がある気持ちで頑張る事が大事だと思います。

そして継続する事が1番重要なだと思います。

家計簿はアプリで気楽に、そして小さな積み重ねでこつこつ貯める

家計簿も続かず、支出も収入もあまり把握していないというのが現状だったのですが、そんなずぼらな私にでも簡単に続けられるのがスマホの家計簿アプリです。

私の場合はとにかく細かく記すのが苦手なのでざっくりと日々の支出を記録しています。食費、生活費、交際費など月にどのくらい使っているかをとりあえずレシートの金額をつけていきます。そして、使っている金額を把握しています。

スーパーでお金を払う時はあえて500円玉のおつりをもらうように心がけています。この500円玉貯金はかなり効果があります。たまったら家族で外食したりとレジャーに使うようにしています。

また、以前までならばドラッグストアや大手のスーパーなどではクレジット決済ばかりしていました。その時は楽ですが請求が来た時に使いすぎで驚くことがありましたが、これをつけ始めてから使った後にいくらクレジットで使っているかを把握できるので、今月はもうカードはやめておこうなどと自分にストップできるようになっています。

また、もうひとつ私が続けていることがあります。家計簿はどちらかというと支出が多く、使いすぎだとマイナス感情になる傾向にあるのですが、収入だけのお小遣い帳のアプリも入れています。これには私の収入だけの記録で、アンケートやポイントなどをためて増やしたいわばへそくりのようなお金です。

こちらは、たまっていくものなので、一円でも増えると嬉しくて毎日楽しく続けています。1円でも積み重ねると大きなお金となり好きなものも買えるので、これは仕事をしたいけれど外に働きに行けない方でも空いた時間を利用してできるのでおすすめです。

節約生活を快適にするために私が進めること

23年間主婦をしてきて思ったことなのですが。

なんでもかんでもお金が発生してしまうこの仕組みどうにかなりませんかね?と思った所で変わるわけもなく。なので、ある時を境に、節約生活を楽しもうと心替わりしました。だからと言って、自分が無理をしてまでギスギスした節約生活をしてしまうと、すぐに、続けていくことが出来なくなってしまいますので、まずは、家計を大きく左右しかねない食費に目線を向けました。

そんななかでも、安いスーパーへのはしごなんて、私はしません。自分が普段使うスーパーで、その日の特売ものを買います。特売ものであったとしても、こだわります。madeinJapan。ないようで、結構な頻度で特売やってます。例えばお肉の特売だったら、そのお肉を3パック買って、野菜の特売もあれば、それを取り敢えず買います。一回の買い物で使う金額は3000円です。うちは、5人家族ですが、スーパーで使う月の食費は、15000円です。

特売で買えたもので、その日の夕飯を決めます。夕飯を決めてスーパーへ行ってしまいますと、莫大な金額になってしまいますので、特売品から、その日のメニューを決めるという、スタンスで買い物をしていると、億劫な買い物も気になる食費も気にならず、楽しみながら、勝手に、節約できてしまっていますよ。

頭の片隅にでも入れておくと、便利な節約方法だと思います。