節約は、お金を使わないようにすることではない

家庭を守り、日々の暮らしを維持し、楽しい穏やかにすごすためには、様々な支えや苦労があると思います。楽しいこと、うまくいくことばかりでとはいかないのが現実ではないでしょうか。色々な家事のなかで、家族の必要なものを購入することは欠かせないことのひとつです。

料理のために必要な食材から、身の回りに必要な洗剤や掃除用品の買い足し、支払いや部屋のメンテナスなど多岐に渡ります。誰もが安く良いものを手に入れるよう、値段を考え、本当に今必要なものなのか検討されると思います。

自分で考えて決められることばかりではなく、教育費や慶弔費などもあります。多くが必要なものであるなで、購入や支払を止めれば節約になるということではありません。単純に電気をつけっぱなしにしないや、買い物に行く回数を減らすなど小さな積み重ねも大事な節約になるでしょう。

私も様々取り組みましたが、なかなか思うようにいきません。たどり着いたのは、自分の買い物を後で冷静に振り返り、必要で無い買い物と向き合うことではないかと思います。決して否定するのではなく、事実を把握して受け止めるだけで気持が変わるかと思います。必要なものを無理に我慢するのではなく、どこを節約するかを見極めることが大切なのではないでしょうか。