自作で省エネルギーだ

私の縮減手は、何と言っても自家製に限ります。

無論私の苦労はかかりますけど、こども陣も手作りの物を喜んでくれるので一石二鳥です。

縮減のきっかけになったのは、長女の料理アレルギーだ。

今は昔と違って、代わり見込める品もたくさんあるけど、どれも上げです。

バストと小麦と大豆がダメダメので、外食をとめるポイントめた縮減になりますが、代わりと変わるアーモンド乳房やライス乳房、USA粉などは割高なんです。

なので、こども陣のオヤツや献立はみんな自家製で、総菜やレトルトはつぎ込みません。

身が縫い物や編み物が嗜好なので、簡単なワンピースやセーターは自家製します。

私の苦労を抜けば、毛糸や布お代しかかからないし、好きな様に作って言える世界で内しか弱い品だ。

その外の縮減だと一般的だとは思いますが、電気をコマメに無くすポイントや、持ち家くずはしっかり圧縮して包みお代を切り捨てます。

水ものもお湯で沸かすたぐいの、麦茶やルイボスティーだ。

おUSAは一度炊いたら分割にして冷凍したり、野菜も色々なランクを茹でて冷凍しておけば、アッという間に調理出来るから時間も縮減出来ます。

プロパンガスなので、節約しないといつの間にか高額になるので、煮込みクッキングには攻撃鍋が大活躍だ。

節約の特性 (人物とおんなじことを止める)

簡単なようで苦しいことですが、縮減をしたかったら、いままで当たり前のようにやってきた癖の成長から始めましょう。

日曜日に目的もないのに、家族全員でモールに行ったりしていませんか? たくさんいればいるほどお金がなくなっていく原理だ。

喉が乾いたとお子さんが言って、ファストフード業者へ入り、家族全員で2000円使ったりして、後々、夕飯に行こうと焼肉やへ入って10000円かかったり。

旅立ちはおかしいし、あれこれやめてとは言いませんが、そういった経験で預金ができなくなっていると思います。遊ぶフィールドで売るソウトクリームは350円として、家中分で1400円。ちょい喉が渇いて1400円って、良いな……とおもうクライアントが縮減できると思います。

福袋も10000円の福袋には3万円分の賜物が入っていると聞くと収益だからと何個も買って、元来、ファッションは着ない通り手入れということもあると思います。捨ててしまったら、まるっきり負けだ。そんなことをしないで、結構無用1枚を普通の費用で買った方が安上がりだったのかも知りません。

私の休暇の過ごし方は、朝から散歩へ赴き、モールは食材を貰うために1クライアントで行きます。外部でお茶を飲み込むことなく、昼間には帰宅して、身内の昼めしを自家製する。ラーメン、焼きそば、大したものではないけれど、新規は美味いだ。

昼過ぎからはPCで耳より富したり、撮り禁止したブルーレイを見て、小説を読みます。図書館へ足を運ぶこともあります。随時身内と金額の掛かりそうなところへ行きますが、マイホームの近所のところしか行かず、専門が終わったら、すっと帰ってくる。

クライアントと同じようにしていたら、金額は貯まりません。娯楽費を抑えて浮いた分は下ろしづらい通帳に積み増しましょう。
外部で何かよくわからないことに使わなければ、月に2万円は貯まります。ぜひとも試してみてくださいね。

コツコツチリツモ

我が家が実行している節約術は、その名もコツコツチリツモです。

その名の通り、小さいことをコツコツやっていってます。

例えば、水は出しっぱなしにしない!

洗い物をするときも貯めてから洗うし、冬場でもゴム手袋はいて水で洗ってます!

洗濯もお風呂の水です。

トイレも流すときは、小で流しています。

お風呂のお湯の温度も高くは設定していません。

プロパンなので、光熱費ではガス代が一番高くつきます。

シャワーも出しっ放しにしないですし、極力保温をつかいたくないため、湯ハリが終わったらすぐに、入るようにしています。

電気はこまめに消しています。

コンセントも待機電力がもったいないので、使わないものは極力抜きます。

夜も早めにこだまにしています。

買い物は、買うものリストを作り、週でメニューを決めて無駄買いをしないよう務めています。

チラシを毎日見るのが、日課になりました。

あとは極力ポイント倍デーを狙っていきます。

たかが、1円、されど1円ですからね!

日々節約に励みますが、たまにはご褒美で大好きなカフェに行ったり、美味しいケーキを買ったりもします。

そうやって、メリハリをつけることが大切だと思います。

そうしますと、また頑張ろうと意欲がわきますもんね。

節約と貯金は同時進行です

入るお金が決まっていれば、節約して出るお金を減らすことで、自然と貯金ができてきます。それにはまず、家計簿を作ります。光熱費、食費、その他など最初は簡単でかまわないので、使うお金を決めてそれぞれの項目で予算を立てます。それができたら、節約生活スタートです。いつも心がけることは一つです。

お金を使うとき、それが本当に必要かどうかを一呼吸置いて自分に確認します。そして考えます。手元にある他のもので代用できないか、また今あるものを手直ししてこれに代わる新しいものをつくることはできないかと。こうやって考えることを楽しんで欲しいと思います。電気代を節約するにはどんな生活をすればよいか、夜遅くまで起きていると明かりが必要なため電気を使うので、今日は早めに寝てみよう。早寝早起きは体にもよいことです。車は維持費がかかるため使わないようにする方法を考えます。

歩く、自転車などを利用する。これはよい運動になります。頭を使ってとにかく考えるという作業を続け、習慣にし、節約生活が当たり前のものになることが重要だと思います。節約はとてもメリットが大きいです。健康的に生活でき、お金も貯まるからです。

時間的に余裕のない人はどうしてもお金で時間や物を買うことになりますが、何か小さなことでも一つだけ節約を決めて実行するだけで、生活が変わってくるのではないでしょうか。思考の習慣を変えることが一番の節約になり貯金につながると思っています。

貯蓄にさまざまなことを利用しています。

私は子供が生まれて大きくなるまでに子供のための貯金をたくさんしようと決めました。そうなるとただの貯金だけでいいのかと思うようになりました。本で子供が大きくなることでどれぐらいの金額が必要になるのかなど勉強することから始めました。やはり大学まで行こうと思ったらたくさんお金が必要になるのでこれから頑張らないといけないと夫と話をしていました。

しかしどうしたらいいのか迷っているとインターネットなどの情報で保険に入っておくと少しは安心できると書かれていました。というのも医療についての保険でなく学資保険がいいと書かれていました。そして学資保険は一つだけでなく違う会社にも入り二つにしました。

確かに掛け金は大変ですが今大変な思いをしていればあとで楽になります。そして学資保険の場合は貯金と違って保障もありますので役に立ちます。もう一つは必要のなくなった洋服やものをリサイクルショップにうって少しでも小銭にして貯金をしています。少しだけでないかと思われるかもしれませんが少しの小銭がたまればお札にかわります。そしてモニターや地域の制度を探しながらお金を増やしていきます。結構近くの市役所はたくさんの情報があるのでとても生活の役に立ちます

やりくり下手の主婦の貯蓄法

結婚して20年以上になります。私は結婚当初からずっと専業主婦をしてきました。主婦の仕事の中で一番大切なことは夫の給料をやりくりすることだと思います。苦労して稼いでくれた大事なお金を無駄にすることはできません。しかし不器用な私は結婚して約2年間はやりくりの仕方がわからず、貯蓄ができないどころか毎月赤字続きでした。

ところが子どもができてからは「このままではダメだ」と自分に言い聞かせ、毎月確実に貯蓄していこうと決意しました。そう決めてからおよそ18年、今ではある程度の貯蓄ができています。子どもの進学費用も貯蓄で足りるようです。このように貯められたのは保険に加入していたからだと思います。

ここで言う保険とは学資保険や養老保険のことです。私はこれらの保険に加入して、毎月決まった金額を支払ってきました。どちらも満期があって途中で解約すると損することになります。そのため、月の支払いが大変なときもありましたが、満期まではとにかく頑張ろうと思って払ってきました。そしてその甲斐あって満期にはまとまったお金を手にすることができました。

特に学資保険はおすすめです。子供の教育費はかなりかかるので、その金額をすぐに貯めようとしても簡単には貯まりません。そのため子どもが生まれたら早めに学資保険に加入しておくと助かります。うちの家庭では、あと数年で夫が退職になりますが、今は老後のための貯蓄を頑張っています。

500円玉貯金法

貯金しようと思っても、続くのは始めの何日かだけ…という場合もあるでしょう。

しかし、しっかり続けていかなければお金は貯まりません。

そこで、比較的続けていきやすい方法として、500円玉貯金法をご紹介します。

その名の通り、500円玉を貯金箱に貯金していく方法です。

まず第一段階です。

この段階では、家にいる時に気が向いた時に財布をみて、500円玉があったら貯金箱に貯金をしましょう。

強制して行わずに、気が向いた時に行うのがポイントです。

十分にこの段階に慣れたら、第二段階へ進みましょう。

この段階では、買い物をした際に500円玉が発生したら、使わずにとっておくようにします。

そして帰宅後すぐに貯金箱へ貯金しましょう。

この段階で500円玉を貯金する癖をしっかりつけたら、最終段階へ進みます。

最終段階では、自ら500円玉を発生させます。

500円以下の物を購入する時は、小銭があってもお札を出すのです。

例えば200円の物を購入する時であれば、1000円札を出せば800円のおつりになり、500円玉を発生させることができます。

そしてその500円玉を自宅まで持ち帰り貯金するわけです。

貯金を続けることは、強制しないで楽しくすることです。

時間はかかりますが確実に貯めることができますよ。

小銭貯金を継続する

まとまった金額を一度に貯金に回せるといいのですが、なかなかうまくいきません。どちらかというとコツコツと継続したことの方が向いている性格なので、焦らずにできる貯金の方法を選ぶようにしています。それでも長期的にはそれなりの金額が貯まっているようにしておきたいものです。

そこでお札をが崩れて小銭になった時に、小銭の貯金をするようにしています。余裕のある時は500円硬貨を貯金箱に入れることもありますが、基本はより少ない金額を財布の整理も兼ねてやっています。この方法だと、余裕のある時にできますし、コツコツと継続的にするころができます。

貯金をすることで計画的に欲しいものを購入するための資金にしたり、さらには将来のために蓄財をすることもできます。小銭をため込むことでは、なかなか将来のためには不足することでしょう。それでも長期間継続することで、かなりの金額が貯まりますから、習慣化すれば、無理なくいつの間にか貯金ができていることになってきます。

固定費1回だけ見直す節約術

「節約」と言えばどんな事をしますか?

そう聞かれるとあなたならどんな事を思いつくでしょうか。あくまでも友人の答えですが「先取りで貯蓄して、電気をこまめに消して。なるべく自炊して、無駄遣いしないようにする」節約の本にも書いてありますし、実際私もそう思っていました。

しかし電気をこまめに消したのに、苦労した割には相変わらずだなと感じた事ありませんか。自炊でお弁当を持参しようとしたけれど、続けることが出来ず食材を捨てた経験はありませんか。私が行き着いた先は「無理して節約するとリバンドして散財する」ということです。つまりは自分自身にとって苦痛な節約は続かないし逆効果という事です。

そんな私がオススメしたい節約法は「固定費を見直す」ことです。

まず大手キャリアで契約していたスマートフォンを格安SIMで運用する事にしました。大手キャリアの解約は不安もありましたが実行した所、月々6000円近く下がりました。一回見直すだけで契約は継続されていきますから年間で訳72000円差がでました。

次に生命保険を一部解約し、掛け捨てタイプの共済医療保険と組み合わせることで月々の支払いを抑えることができました。

固定費の見直しは手間がかかりますが最大のメリットは行動するのは1回だけでいい事。その後はなにもしなくても節約が継続されていき気がつけは貯まっているという状況を作れます。その他にも節約方法は幾つかありますが合わせて使うことにより効果が上がりやすくなります。

固定費から浮いた額を先取りの貯蓄額に当て、私は毎月貯金できるようになりました。
無理のないやり方を見つけるのがコツだと私は思っていますので是非固定費の見直しを検討してみてください。

節約は目的を持って楽しみながら

節約は適当なところで止めておいた方がいいです。あまりにも節約をムキになってやり過ぎてしまうと人生楽しくなくなります。わたしは一時期節約のやり過ぎで、「人生って楽しくないものだ…」と、人生を悲観的にとらえてしまう癖がついた頃があります。その頃は何をしてもお金のことばかり頭に浮かんでしまい、楽しめるはずの場所でも楽しめませんでした。

そうなるとやはり生きていてもそんなに楽しくないというか、お金のことが始終頭から離れなくて、自分で自分を閉じ込めてしまって解放感が全然味わえませんでした。そんな風に過ごしていると、毎月コンスタントにお金が貯まっていっても喜べないというか…「なんとなく義務感で節約して義務感でお金を貯めている」という感じになっていました。

そんな時にちょっとしたことから将来の目標を決めることができて、それに向かってお金を貯めることを決めて、そしてなんとなく節約が楽しく思えてきたのです。節約してお金を貯めることについて、何も目標も目的もなかった頃とは明らかに違いました。

それからは外食を減らすことでかなり積極的に節約をしましたが、これが結構楽しく出来ました。家で食事を作って食べる楽しさがわかったからです。